求人情報には載っていなくても有利になる資格

就職活動を行っている多くの人が気になっていることの一つが資格です。
資格はあればあるほど良い、ほとんどの資格は意味がないなど、人によってかなり意見が分かれる部分でもあります。
実際に役立つかどうかは企業や業種次第なので難しい問題ではありますが、求人内容に必須と書かれていない資格を無理に取得する必要はないという考えが多いです。
ただし海外出張などが想定される場合、TOEICやTOEFLの高スコアはプラス評価になります。
またIT関連などは入社後に基本情報技術者や応用情報技術者などの資格を取得することが多く、最初から持っていることで評価が上がる可能性もあります。
また珍しい資格は面接の際に使えることもあります。
例えば世界遺産検定であれば、自分の趣味と絡めて話題にしたり、面接官に問題を出してもらったりして盛り上げるというように、自分の印象を強くする意味で使うにはぴったりです。
資格を持っているということは不利にはなりませんが、就活のために取った資格というのは後にも先にもあまり約には立たないものです。
それよりも求人とは関係なくても驚いて笑ってもらえるような一芸系の資格の方がよほど役に立つかもしれません。

長期専門だから値段が安い
ウィークリー・マンスリーと長期のみのプラン設定だからお安くなっています

大きな声で相手に伝えるビジネスボイストレーニングといったセミナーも開催しています

飲みすぎてしまった日のドライビングもお任せ!

企業リスト
ターゲットとなる企業のみを選択していただけます

大きな声で堂々と話せるようになる
緊張を少しずつ和らげるように特訓していきます

最新記事

  • コールセンターの仕事は、問い合わせ窓口や商品購入の受付、クレーム対応など様々な業務内容があり、求人情 …

    続きはコチラ

  • 営業職の求人情報には顧客の獲得や商談が成立した際の達成感やインセンティブがやりがいとして記載されてい …

    続きはコチラ

  • 求人情報を見ていると、企業の規模や仕事内容にあまり差がないのに、給与などの待遇面に差があると感じたこ …

    続きはコチラ